Tab9-健康

Trending:


【前屈しても床に手が付かない人はやってみて】ストレッチよりも効果あり?腸腰筋エクサ|美姿勢にも◎

前屈がやりづらいとハムストリング(もも裏)を柔らかくするためにストレッチを始める方が多いようです。もちろんストレッチも非常に大切ですが、今回はより効率的に前屈を深めることができ、みるみる姿勢も美しくなる腸腰筋エクサをご紹介します。


【肩こり・腰痛】ず〜ん…と重くなる前に、こまめに改善!座ったまま隙間時間に血流改善ヨガ

肩こり・腰痛・頭痛など何かしらの慢性的なお悩みを抱えている方は多いと思います。様々な不調の原因は血流の悪さにあるので、こまめに運動などをして血流改善することが解決のポイント。今回は忙しくてまとまった時間が取れなくてもデスクワーク中やちょっとした隙間時間にできる血流改善ヨガをご紹介します。


がん遺族会から届いた冊子を読んでいたら心が温かくなった【がんと向き合い生きていく】

「青空の会のつどい」という冊子が届きました。がんで家族などを亡くした方々が集うがん遺族会が発行する冊子で、今回が116回目になります。 2011年1月、この会から講演を依頼された私は、「緩和ケアの今、そして未来」という演題でお話しさせていただいたと記憶しています。 その前年の秋から、私は胸痛などの症状があり、急きょ12月30日に某病院で心臓の冠動脈バイパス手...


【鉛のように重い肩がすっきり!】筋肉ほぐしで肩甲骨の動きをよくして「重〜い肩こり」を改善!

頑固な辛い肩こり…。重い肩こりを解消するカギは肩甲骨を動かすことです。今回は肩甲骨を支えている深層筋である【菱形筋】を重点的に動かしほぐすストレッチをご紹介。座ったままできるので気が向いた時に手軽に取り入れられます。


【骨盤の歪みが下半身太りの原因だった】お尻周りのお肉がみるみるすっきり|ゴロゴロストレッチ

お尻や腰まわりについた脂肪。その原因は、骨盤のねじれのせいかもしれません。骨盤の位置が傾くことで、左右の筋肉量のバランスも崩れてしまいます。寝る前の簡単ストレッチで、骨盤のバランスを整えていきましょう。


suriaで人気の定番ヨガマットに新色登場!日本の伝統色「和の色」3つが数量限定で発売に

日本発のヨガウェア・グッズブランドのsuriaで人気の定番ヨガマットから、日本の伝統色「和の色」を取り入れたニュアンスカラーの3色が数量限定発売されました。


東洋医学では膝の痛みに対してどのようにアプローチするのか【東洋医学を正しく知って不調改善】

【東洋医学を正しく知って不調改善】 膝が痛いという場合、その痛む場所も原因もさまざまです。たとえば膝の内側の場合は、軟骨がすり減って神経があたるため。また膝の外側は、太ももの内側の筋肉の衰えやO脚の影響などにより、骨格筋の歪みの影響で痛みが生じます。そして膝の前側は太もも前面の血行不良により、筋肉が硬くなってしまったためです。 “バランスの医学”ともいわれる...


大塚寧々、夫の叫び声がして行ってみたら…いのししに遭遇!

女優・大塚寧々さんが、日々の暮らしの中で感じたことを気ままにゆるっと綴る連載エッセイ「ネネノクラシ」。第40回は、遭遇したという「猪(いのしし)」について。 * * * 山の家で庭の枝切りを頑張っていた。野薔薇が栗の木や […]


会議やプレゼン…人前で話すときに緊張しないようになる「3つの思考」とは【臨床心理士が解説】

会議やプレゼンなど人前で話すことに緊張する人は珍しくありません。緊張で声が震えたり、頭が真っ白になったりした経験のある人もいるのではないでしょうか。今回は会議やプレゼンでの緊張を和らげる思考法をご紹介します。


新しい世代の補聴器に変えたら人の声や音が自然に聞こえるように【認知症を予防する補聴器のすべて】

【認知症を予防する補聴器のすべて】 以前、この連載記事を読んでご来店いただいた70代の女性のお客さまがいました。この方は、これまで使われていたものと同じメーカーの、一番新しい機種を試されました。 すると「人の声や音が、今自分が持っている補聴器よりも、とても自然に聞こえる」と新しい補聴器の性能に驚かれたのです。 どのくらい小さな音まで聞こえるか、テストを実施し...


朝、漬け丼を食べると代謝がアップする?管理栄養士がおすすめしたい【ダイエット小丼】メニュー

アスリート専属管理栄養士として活動する石松佑梨さんが提案する、ダイエット朝ご飯。今回は血行促進をテーマにした小丼の食トレです。


「長生きレース」を生きるために|新見正則医師が考える【究極の健康習慣】とは?

「健康」とひとまとめにして語られがちですが、何を健康と感じるかは人それぞれです。特に年齢を重ねると、健康に対する関心が高まりさまざまな健康方法を試したり、少し無理をしたりすることも。健康に対してどのような考え方でいると楽になるのでしょうか。今回はオックスフォード式健康法を提唱する新見正則先生にお話しをうかがいました。


日本人の3人に1人が高血圧?気になる高血圧対策に【里芋とわかめの味噌汁】管理栄養士のレシピ

素朴な香りと味わいで私たちを癒してくれる味噌汁は、日本人の食卓に欠かせない一品です。どんな具材とも相性がよく、おいしく食べられるところも味噌汁の魅力のひとつですね。味噌汁は食材との組み合わせ次第で、さまざまな健康効果が期待できる料理に変わります。今回は血圧上昇を抑える味噌汁の具材を紹介するので、高血圧に悩んでいる人は参考にしてください。


知らないと損する!神戸空港は「コスパ抜群」「ユニークな就航先」「大阪・京都へも便利」など魅力満載

神戸空港を利用したことはありますか? 実は「知らないと損する便利でお得な空港」だと旅行ジャーナリストの村田和子さんは言います。今回は、そんな神戸空港の魅力や具体的な旅プランを紹介します。 * * * 関西には、関西国際 […]


聞き役に徹しているつもりでも…相手には気持ちがバレている?精神科医が教える「良い聞き役」とは

良好な人間関係を築くために会話は大切です。うまく話すことに意識が向きがちですが、「聞き役」も会話においては重要なポジション。話を聞くことで相手の心を動かすこともできるでしょう。今回は、精神科医師である益田裕介 著『もう人間関係で悩まない 精神科医がやっている聞き方・話し方』(フォレスト出版)から、聞き役のプロである精神科医が実践している聞き方のスキルをご紹介します。


旬のかぶには栄養たっぷり!「葉を捨てるのはもったいない」野菜ソムリエプロが活用法を指南

かぶは、「すずな」の別名を持つ春の七草の一つです。野菜ソムリエプロの福島玲子さんによれば、疲れた胃腸を癒すと言われる七草粥に入っているかぶは、根も葉も栄養が豊富だそうです。詳しい栄養と、かぶのおすすめレシピを教えてもらい […]


漏電火災、エアコン不調…寒い冬に起きる”家電リスク”と対策を家電ライターが解説

寒さが厳しいこの時期は、ストーブによる着火事故、漏電火災、エアコン不調など家電製品まわりに思わぬトラブルが発生することがあります。こうしたリスクに備えて今からできることは? 家電ライターの田中真紀子さんに解説してもらいま […]


【牛肉と白滝】「一緒に煮込むと硬くなる」実は誤解だった?噂の真相は…管理栄養士が解説

数ある食材の中には、組み合わせることで栄養価が下がったり、健康を損ねてしまったりするものがあります。あなたがよく一緒に調理しているその食材、実は相性がよくないもの同士かもしれません!この記事では相性がよくない食材の組み合わせを紹介し、その理由や対処法を解説します。


物忘れや無気力の症状は「甲状腺機能低下症」のせいかもしれない【認知症治療の第一人者が教える 元気な脳で天寿を全う】


ミツバチの未来と、蜂蜜のある暮らしと、私たちの肌を守る「ハニーロア」の使命。

美しくなることは、地球に優しいこと——これからの時代に必要なのはそんなポリシーだ。日々目まぐるしく変化する環境や世界情勢の中で、ビューティーに対するこれまでの価値観が大きく揺さぶられている現在。独自の美を創造することにいち早く乗り出した先駆者たちに聞く、ビューティービジネスと環境への取り組みとは。


便秘持ちは“健康に”長生きはできない…高血圧だと脳卒中やくも膜下出血のリスクが上昇

「近年、便秘を治療する新薬が複数登場し、さらには便秘自体がさまざまな病気とリンクしていることが研究で明らかになり、便秘はコントロールすべきものという医学的コンセンサスが得られるようになってきました」 慢性便秘症の治療薬は、かつては2つのタイプしかなかった。腸に水分を集め便を軟らかくする酸化マグネシウムと、大腸に大蠕動を起こして排便を促す刺激性下剤だ。しかし1...


寝てバンザイがスムーズにできるかどうか…肩のチェック法【痛みスッキリ からだ楽チン】

【痛みスッキリ からだ楽チン】 「髪が洗いにくいのと、おそばが好きなんですが、おそばの器を持ち上げられず、うまくすすれません。当然、腕は上がりにくいです」 こんなふうに訴えたのは、写真の女性。肩の可動域を拝見すると、右腕は外旋30度、左腕は0度。可動域というのは関節がスムーズに動ける角度のことで、外旋というのは、肘を曲げた「小さく前へならえ」の姿勢からどれく...


「ヒトメタニューモウイルス感染症」10歳までにほぼ全員が1回は感染する【感染症別 正しいクスリの使い方】

【感染症別 正しいクスリの使い方】 ヒトメタニューモウイルスは、小児を中心とした急性呼吸器感染症のウイルスのひとつです。1~3歳の幼児の間で流行するケースが多いのですが、大人にも感染します。 初感染は生後6カ月ごろから始まり、2歳までに約半数、遅くとも10歳までにほぼ全員が1回は感染します。小児の呼吸器感染症の5~10%、大人の呼吸器感染症の2~4%は、ヒト...


キツくないのに一回で効果が出る!長座や前屈が楽になる30秒ストレッチ

長座の姿勢や前屈が苦手な方の一番の原因はもも裏の硬さです。デスクワークなどで長時間座っている姿勢が続く方ほど、もも裏の筋肉が硬くなっていることが多いです。今回は頑張らない、無理のない姿勢でたった30秒で変わるストレッチをご紹介します。


いまこそマスクの効果を検証し必要な人と場面を示すべき【新型コロナを終わらせろ】

【新型コロナを終わらせろ】 感染症法の2類相当扱いの新型コロナウイルス感染症を季節性インフルエンザと同じ5類に引き下げるという。それに伴い、現在「屋外は原則着用不要、屋内は一部を除いて着用推奨」のマスクは、「今後は個人の判断に任せる方向で、緩和時期を調整する」という。しかし、これはおかしいのではないか。マスクは誰に、どの場面で必要で、どう使うべきか、との検証...


解熱鎮痛薬「ロキソニン」が夜間頻尿に効くのは本当なのか

【健康の「素朴な疑問」】 【Q】夜間頻尿に悩んでいる60代男性です。先日、喫茶店で知り合った人に「夜中におしっこに立つことが多く、眠れないので困っている」と話したところ、「ロキソニンは試した?」と言われました。消炎鎮痛剤が夜間頻尿にどういう関係があるのかわからず「なぜ?」と尋ねたのですが、その人は「結構有名な話よ、良くはわからないけど」と答えるだけでした。こ...


身体が硬い男性必見!【揺らすだけ】腰痛改善ゆらゆらストレッチ

腰痛に悩む男性の方で、ご自身の身体の硬さから運動やストレッチから遠ざかっていませんか?今回は体が硬い人でもできる簡単ストレッチをご紹介します。


【キツイ運動なし】辛い腰痛の原因「腰方形筋」を深部までじんわりほぐす「うたた寝5分ストレッチ」

寒い日が続いていますが、ギュッと寒くなると背中や腰が重く、痛みが振り返したりしますね。ゆるっと「うたた寝ストレッチ」で、腰痛改善はもちろん、ねこ背、ストレートネックも改善しましょう。


環境に考慮したハイパフォーマンスビューティを実現|ヴィクトリア・ベッカムの新コスメブランドとは

毎回日本未発売の海外のビューティブランドを一つピックアップして掘り下げる“噂の海外コスメ”。今回はシンガー、女優、モデル、そしてファッションデザイナーとして世界を魅了し続けるヴィクトリア・ベッカムのブランド「Victoria Beckam Beauty」にフォーカス!


会話を重ね、時間をかけて、在宅患者や家族の疑問に答えていく【老親・家族 在宅での看取り方】

【老親・家族 在宅での看取り方】#30 「11月に母がコロナでお世話になったケアマネジャーさんに相談し、定期で訪問診療をお願いしたいと思いまして」 今年に入ってそんなご連絡をいただきました。伺ったのは、娘さんと同居する90歳の女性の患者さんのお宅。関節リウマチと高血圧症を患っておられます。 この患者さんはA病院に12月末からかかっており、今後は定期的に通院予...


食事でタンパク質を取りすぎたから、タンパク尿が出た?【健康長寿のカギは腎臓にあり】

【健康長寿のカギは腎臓にあり】#17 健康診断などで「タンパク尿が出ている」との検査結果が出た患者さんから、「食事でタンパク質を取り過ぎたせいで、タンパク尿が出ているのですか?」と質問されることがあります。 タンパク尿は「尿に一定量以上のタンパク質が出てしまっているので、腎臓に異常がある可能性がある」という意味。ですから、食事でタンパク質をたくさん取ったから...


「私が話し出すとなぜかいつも変な空気が流れる…」その意外な理由は?精神科医に学ぶ、会話のポイント

会話のテクニックでは、話す内容と同じくらい話し方も大切です。相手が理解できるものだと思い込んで、普段使っている言葉・話し方で会話をしていませんか? 今回は精神科医師・益田裕介 著『もう人間関係で悩まない 精神科医がやっている聞き方・話し方』(フォレスト出版)を参考に、ビジネスシーンで使いたい話し方のポイントを見ていきましょう。


医師がわかりやすく解説!「良性腫瘍」と「悪性腫瘍」は何が違う?「がん」の特徴は?

良性腫瘍と悪性腫瘍の違いとは 腫瘍というのは、いわゆる「できもの」のことです。「腫瘍=がん」というわけではありません。腫瘍には、良性と悪性のものがあり、悪性腫瘍をがんと呼びます。 では、良性腫瘍と悪性腫瘍は、どう違うのでしょうか。そして、それらは、どのように見分けるのでしょうか? 実は、筆者が研修医のころ、手術に入った時に、不思議に思うことがありました。それ...


消化を高める!「レンズ豆とパクチーのダルスープ(ダル)」【管理栄養士のスープレシピ】

体の栄養だけでなく、心にも栄養を。心で味わいほっと自分に還ってこられるようなスープのレシピを、管理栄養士の高波紗希さんに連載形式で教わります。


「納豆」がアナフィラキシーを起こすケースが…クラゲに刺された人は要注意

何が原因だかわからないが調子が悪い--いわゆる不定愁訴の中には、アレルギーが原因である場合が少なくない。アレルギーといえば、アナフィラキシーのように全身の臓器に障害を起こして命に関わるものもあれば、かゆみを伴う皮膚症状や腹痛といった軽微なものまで症状はさまざま。その原因も花粉症のようにアレルゲン物質に触れるとすぐに症状が出るためわかりやすいものもあるが、数時...


しつこい腰痛はお尻が原因?【寝る前たった1分!】タオル1本でラクになるお尻ストレッチ

多くの方が抱えている腰痛。腰を伸ばしたりマッサージしても中々よくならない‥ 原因は腰ではなくお尻にあるかもしれません。凝り固まったお尻を伸ばすことで辛い腰痛が楽になる!?寝る前のお尻ストレッチをご紹介します。


デジタル・デバイド=情報格差で個人の健康格差が拡大する時代がやってくる【データが語る 令和高齢者の実像】

【データが語る 令和高齢者の実像】 スマートウオッチとAIとIoT家電による健康管理。データやAIに管理されているようで、面白くないと感じる人も多いかもしれません。 しかし医療の世界では、すでに電子カルテなどが当たり前になっています。以前は「医者はパソコンの画面ばかり見て患者の顔を見ない」といった話をよく聞きましたが、最近はあまり聞かれません。患者もだいぶ慣...


老後資金は足りるのか?受け取る年金額を知ることが老後の不安を減らす第一歩

「老後資金は2000万円必要」とも言われますが、貯蓄はできていますか? 昨年から今年にかけて光熱費や食料品が値上がりしたことで、将来必要な生活費はさらに増えたことになり、無計画では思うように貯蓄できないかもしれません。そ […]


腰や背中のこわばりは睡眠の妨げる。だから…「疲れを明日に残さない」睡眠の質を上げる簡単ストレッチ

お布団に入ると途端に感じる疲労感。その疲れ、明日に残したくないですよね。今回は寝る前にやってみて欲しい簡単ストレッチをご紹介します。


【きついトレーニングなし】太ももの間に隙間ができる!下腹ぽっこりにも効果「内転筋群トレ」

内もものたるみや下腹ぽっこりが気になる人、「内転筋群」をご存じですか? 運動習慣のない人は特に衰えやすい部分ですが、鍛えるメリットはたくさん。腹筋のようなキツいトレーニングなしで効果を実感できるので、ぜひトライしてみてください。


ガスコンロは喘息を悪化させ温暖化も促進?禁止めぐり米で大論争

アメリカで、キッチンの必需品ガスコンロが禁止されるかもしれない、という情報が飛び交い大論争になっています。しかしこの報道は正確ではありません。 事の起こりは昨年12月、専門誌「国際環境調査・公衆衛生ジャーナル」が、「データ解析の結果、アメリカの子供たちの喘息の13%が、ガスコンロのせいで起きていると考えられる」と発表したのがきっかけです。それを受けて、バイデ...


【ただ伸ばすだけ】ポッコリお腹をへこませる!筋トレより効果大「つらくないお腹ストレッチ」

腹筋をしてもなかなか下腹が引き締まらなかった、という経験はありませんか? もしかしたらその下腹ぽっこりは、内臓下垂が原因かもしれません。今回ご紹介するのは、ツラいトレーニングではなく、ストレッチで身体を整える方法。姿勢も伸びてスタイルアップがかないます。


【50代からの下肢メンテ】だるさや疲れが取れない人必見!1日5分で筋力を取り戻す「下半身トレ」

50代になってちょっとした運動で疲れてしまったり、身体が重だるく感じたり…。その原因は筋力の低下、特に下半身の筋力低下が原因かもしれません。元気で軽やかな体を取り戻すための、1日5分でできる下半身にアプローチする簡単トレーニングをご紹介します。


冬の「肌の乾燥」、注意すべき“乾燥ジワ” 肌を傷めないスキンケア術

冬は空気が乾燥する季節です。肌から水分が奪われることによって、肌のトラブルが生じやすくなったり、感染症のリスクが高まったりします。美容と健康のためにどんな対策を講じればいいのか、医学博士で健康科学アドバイザーの福田千晶さ […]


幸福ホルモン「オキシトシン」とは? ストレス、肥満、発達障害にも効果ありと注目

経済協力開発機構(OECD)のメンタルヘルスに関する国際調査によれば、日本のうつ病・うつ状態の人の割合は2020年時点で17.3%。13年の調査では7.9%だった。コロナ、経済不況、物価高……とメンタル不調を増長する要素が多い現状で、注目を集めているのが幸福ホルモンとも呼ばれる「オキシトシン」だ。身体心理学者である桜美林大学・山口創教授に聞いた。 オキシトシ...


周囲からの期待はクレイジーなレベルだった」ロバート・パティンソンが語る、ダイエット依存の苦悩

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』に出演したロバート・パティンソンが、ダイエットに苦しんだ日々について語っている。


反り腰=背骨の上部が硬い?腰を反らさずに背骨にアプローチする簡単エクササイズ

反り腰の方は、背骨全体を動かそうとしても楽に動かせる腰を反る動きの方が優位になり、結果的に背骨全体、特に肋骨から首にかけての背骨の上部を動かせていないことがあります。腰を反らずに背骨を動かすエクササイズで、しなやかな背骨を作ってみませんか?


「ターメリック」で全身の血流をグングン巡らせてしもやけも改善【健康長寿に役立つ高齢薬膳】

【健康長寿に役立つ高齢薬膳】 ターメリック ◇ ◇ ◇ 手足が赤く腫れて痛む……。冬になると引き起こされがちなのが「しもやけ」です。しもやけは、医学的には「凍瘡」と呼ばれ、手足、耳、鼻、頬などの皮膚が寒さや低温の寒冷刺激を受け、静脈や動脈が収縮してうっ血が起こるために現れる症状です。とくに、日頃から運動量が少ないシニアは、末端の血行が悪く発症しやすい傾向があ...


桜といちごにマーブルとゴールドのアクセント!優美に輝くスイーツが楽しめるアフタヌーンティー

「コンラッド東京」のバー&ラウンジ「トゥエンティエイト」では、淡いピンクに染まった桜を赤く艶やかな旬のいちごに合わせたスイーツに、上品なマーブルとゴールドのアクセントを加え、春に優しく降り注ぐ日差しを受け優美に輝くスイー […]


今さら聞けない『漢方』10のキホン!あなたはいくつ知ってる?

漢方という言葉は聞いたことがあるけど、意外と知らないという方も多いのではないでしょうか。今回は漢方のキホンのキ!をご紹介。女性の様々な不調の強い味方の漢方についてざっくりと理解していきましょう!