エンタメ

Trending:


”梨泰院クラスのヒール役”アン・ボヒョン、『軍検事ドーベルマン』が話題に 明るい色を積極的に取り入れた爽やか&上品スタイルのコーデ術

『梨泰院クラス』で悪役を演じ、その名を世に轟かせたアン・ボヒョンが、初主演を務めたことでも知られるドラマ『軍検事ドーベルマン』。本作は、2022年に放送され大ヒットとなったが、このたびNetflixでも配信がスタート。た […]


更年期に尿もれが増える、意外な理由|泌尿器科医が伝えたい「今日からできる尿もれ対策」はじめの一歩

「尿もれ」は、高齢者特有のものではありません。女性の場合、出産(経膣分娩)した人なら、年齢が若くてもすでに経験済みの人も。尿もれの原因は、一般的に膀胱周りの筋肉の衰えと言われています。でもその筋肉の衰えを引き起こすのは、年齢のせいだけではないんです。泌尿器科専門医師・伊勢呂哲也さん監修の書籍「尿もれ・頻尿・夜間頻尿 尿トラブルの治し方」(Gakken)からご紹介します。


解凍したら臭みが…魚を美味しく正しく冷凍するには?管理栄養士が教える、魚を冷凍するときのポイント

魚は栄養豊富で健康のためにも頻繁に取り入れたい食材ですよね。しかし、鮮度が命の魚は日持ちが短いのが難点。冷凍して保存期間を延ばすこともできますが、臭みが気になる・・・という方も多いのではないでしょうか。ここでは、魚を冷凍するときの注意点について紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


オクラを冷蔵庫に入れておいたら表面に黒ずみが…「食べられる?」管理栄養士が回答

ねばねばとした食感が特徴的なオクラ。星形の断面がかわいらしく、これからの時期は料理にも大活躍しますよね。買ってすぐは鮮やかな緑色ですが、しばらく冷蔵庫に入れておくと黒く変色したという経験はありませんか?この記事では、黒くなったオクラは食べることができるのか、また、黒くなりにくくする保存方法をご紹介します。


都知事選後止まらない石丸伸二氏の“炎上騒動” 1年前からYouTubeで石丸氏をチェックしてきた67歳オバ記者はどう見たか

東京都知事選で、166万票を獲得し小池百合子都知事(71才)に続く2位となった石丸伸二氏(41歳)。大躍進といえるが、投開票日のテレビ出演における言動をめぐって大炎上している。1年前から毎日のように石丸氏が市長を務めてい […]


《イライラしない大人旅》作家・エッセイストの大平一枝さんが提案する「時間を贅沢に使う」旅の楽しみ方

「この年齢でせわしないのはダメ。もっと時間を贅沢に使うべき」と話すのは、作家・エッセイストの大平一枝さん。若い頃からツアーに頼らず、常に格安オリジナル旅を楽しんできた大平さんならではの“旅のイライラ”解消術を紹介。映える […]


【40代・50代からのお腹痩せ】膝立ちだからつらくない!初心者におすすめの簡単体幹エクサ

今回は、運動が苦手な人やトレーニング初心者でもできる、簡単な体幹エクササイズをご紹介します。40代・50代になり、お腹がぽっこりしてきた…。つらいトレーニングは嫌だけどお腹を引き締めたい…。太りやすく、痩せにくくなってきた世代のあなたにおすすめ!膝をついた姿勢でできる簡単なエクササイズです。早速チャレンジして、ぽっこりお腹解消を目指しましょう。


【夏のむくみ】脚をやさしく刺激してリンパ液や血液の巡りを改善、むくみ予防の四つ這いストレッチ

多くの女性が経験している脚のむくみに、夏ならではの原因もあることはご存知ですか?下半身のリンパ液や血液の巡りを改善するための、むくみ対策のストレッチをご紹介します。


50代で代理出産で母になったナオミ・キャンベル「子どもを育てることの素晴らしさ」を語る

先日、代理出産で子どもを授かったことを認めたスーパーモデルのナオミ・キャンベル(54歳)。様々な人生経験を経た彼女が今、若い世代に伝えたいこととは?


老化現象じゃなくて病気?病気のサインかもしれない危険な尿トラブルの特徴は|泌尿器科医師が解説

ただの尿もれだとスルーしていたら、じつは大きな病気の初期症状だった、なんてことも。大事になる前に、あなたの尿もれ病気リスクをチェックしましょう!泌尿器科専門医師・伊勢呂哲也さん監修の書籍「尿もれ・頻尿・夜間頻尿 尿トラブルの治し方」(Gakken)からご紹介します。


野菜ジュース、スポーツドリンクが疲れの原因に?糖尿病専門医が避けたほうがいいと指摘する「液体の糖質」

エナジードリンクの多用について農水省が5月に警鐘を鳴らしたが、それに加えて、夏場に多飲しがちなスポーツドリンクの問題を指摘するのは、糖尿病専門医の牧田善二(73歳)だ。新著『疲れない体をつくる最高の食事術』で、医学的な観 […]


トイレでちゃんと排尿しているのに、くしゃみで「ちょびもれ」するのはなぜ?泌尿器科医師が答えます

40代以降の女性なら、誰でも「尿もれ」になる可能性があります。それは、女性ホルモンの分泌量減少のせいで、尿道を支える筋肉が衰えてしまうから。尿もれは、自然に治ることはないので、ちょびもれし始めたら、なるべく早く改善トレーニングを始めましょう。泌尿器科専門医師・伊勢呂哲也さん監修の著書「尿もれ・頻尿・夜間頻尿 尿トラブルの治し方」(Gakken)からご紹介します。


【なす】栄養がないって本当?知らないともったいない!なすの健康効果と栄養を無駄なく摂る下処理法

代表的な夏野菜の一つであるなす。なすをおいしく食べるために下処理は欠かせませんが、そのやり方だと栄養を損しているかも?この記事ではなすの栄養を逃さない下処理の方法を紹介します。


巻き肩・ガチガチ肩・肩こり…肩のあらゆる悩みが改善!肩の深層部の筋肉「ローテーターカフ」ほぐし

肩周りが重い、巻き肩を直すよう意識してもまたすぐに腕が前に入ってきてしまう、という人は、肩の深層部の筋肉である「ローテーターカフ」が硬くなっているかもしれません。簡単にできるほぐし動作で、軽い肩と姿勢の改善を目指しましょう。


「肩こりがラクに」「集中力UP」パソコン作業中にできる“10秒ほぐしのアクション”3つをプロトレーナーが伝授!

日頃パソコンにずっと向き合っているビジネスパーソンは多かれ少なかれ疲れを抱えている。それを少し抜く方法はないものだろうか。業界の超一流から、一般人にいたるまであらゆる世代のコンディショニングを支えてきたトレーナーによるス […]


長寿世界1位(122歳)から3位までの女性たちが食べ続けていた好物とは?糖尿病専門医は「1日25g」を推奨

人生100年時代というが、最期まで元気にハツラツと暮らしたいと願う人がほとんどだ。そんな中、世界最長寿の122歳まで生きたフランス人女性をはじめ、第2位の日本人女性、第3位のアメリカ人女性が食べていた「好物」に対する「医 […]


スーパーでは常温で売られている卵。冷蔵保存しないとどうなる?栄養士が解説

たまごは冷蔵庫に保存しているという方も多いでしょう。しかし、販売されている時は常温の場所に置かれていることも多いですよね。また、うっかり冷蔵庫に入れ忘れた場合、どうしたらいいのか疑問に感じている方もいるかもしれません。この記事では、たまごの常温保存について詳しく解説します。賞味期限に関する情報もお伝えしますので、参考にしてください。


【インタビュー】ホットフラッシュ・子離れ・夫婦間の衝突…更年期世代の「働きママン」が抱える現実

働きながら育児をする「働きママン」。おぐらなおみさんの「働きママン」シリーズでは、出産後の職場復帰・保活・夫との衝突・小1の壁・小4の壁など、働く母親のリアルな姿が描かれています。今回『働きママンまさかの更年期編 ~ホットフラッシュをやりすごせ!』(はちみつコミックエッセイ)では、主人公・一ノ瀬圭子に更年期症状が出始めます。おぐらさんに「更年期」や、働きママンシリーズを描く中で感じた世の中の変化について伺いました。


《齋藤孝さんが解説》会話を盛り上げるのに必須なのは「質問力」、優秀なインタビュアーがやっていることとは?

会話を盛り上げていくうえで必要なことの一つが、相手へ的確な質問をすること。相手が何を話したいかということを押さえながら話すのがポイントだ。 齋藤孝さんが40年にわたって続けてきたコミュニケーション講義のエッセンスを紹介し […]


【内側から夏の美肌対策】材料にひと工夫で「抗酸化作用」バツグンのお手軽ナムル

こちらでは、全て肉、卵、乳製品、小麦、白砂糖を使わないヴィーガン&グルテンフリー料理を連載しています。美容や健康、環境のことが気になる方に積極的に食べて欲しい「からだと地球に優しいレシピ」を旬の野菜料理でご紹介。筆者は、【VeganGlutenfreeマンツーマンのオンライン専門学校YOKO】を主催する獣医師&栄養学講師であり、自身も3人子育てママ。医学と栄養のプロとして、手軽さと栄養を重視した「ヴィーガン&グルテンフリー簡単レシピ」をご紹介します!


《ラクしてカバー》「染めてもすぐに目立ってくる白髪」「根元がぺたんとして寂しい…」白髪・薄毛の悩みの解決法を毛髪診断士がレクチャー!

髪形が決まらないと一日憂うつなのは、昔も今も変わらないもの。日に日に増える白髪、そして失われるボリューム。鏡を見るたびモヤモヤする不動の2大髪悩みの解決方法を、大人髪のエキスパート、美容エディター・毛髪診断士の伊熊奈美さ […]


栄養価も時短料理も叶う。ちょい足しにも最適。管理栄養士の私が、スーパーで必ず買っている缶詰3選

日々の食生活を支え、彩ってくれるスーパーマーケットですが、ほかのお客さんがどのような買い物をされているのか気になる方もいるのではないでしょうか。本記事では、私がスーパーマーケットに買い物に行く際、必ずといって良い程買い物カゴに入れている食品を紹介します。私がセレクトしたカテゴリーは「缶詰」です。忙しいときにも時短で作れる簡単レシピも付いていますので、よろしければ参考にしてみてください。


【ガチガチの股関節を柔らかくする】膝をぐるっと回すだけ!寝たままできる簡単股関節ほぐし

股関節が硬い…お尻もガチガチ…そんなあなたにおすすめ!今回は、寝たままできる簡単な股関節ほぐしのご紹介です。膝で大きな円を描くだけで股関節に繋がる筋肉をじっくりほぐします。ベッドの上でもできるので、寝る前のリラックスタイムを利用してやってみませんか?


好きや得意を交換して、人生を豊かにする知恵【パリで学んだ生きやすさのヒント】

極度の人見知りだった私の人生を180度ひっくり返してくれたのが、20代後半からのパリ暮らしでした。東京でPR会社を起業して全国で仕事をする「今」につながる出会いの数々。本連載「パリで見つけた生きやすさのヒント」では、パリでたくさんの人や出来事から教わった、気持ちが少し楽になる生きやすさのヒントをご紹介します。


幼少期の性被害で「女の子らしさ」恐怖症に。当事者が語る、スカートの呪いが解けたきっかけと心の変化

漫画家の魚田コットンさんは、小学生の頃の痴漢被害や、義理の父親からの性被害により、可愛らしい服装や、「女らしさ」を求められることに抵抗感を抱いていました。母親は魚田さんに「女の子らしく」あることを求めつつも、魚田さんの容姿をからかってきました。大学生になって心優しい男性と出会い、その後、結婚・出産します。「スカートを履けない呪い」は続くものの、あることがきっかけで「呪い」は解けます。その経緯が描かれている『スカートの呪いが解けるまで 幼少期からの性被害が原因で女らしさ恐怖症になった私』(はちみつコミックエッセイ)。魚田さんに当時のことを振り返りながらお話していただきました。


内側に巻いた肩が、正しい位置に!【うつ伏せで簡単】巻き肩改善エクササイズ

スマートフォンを使っていると画面を覗き込んだりタイピングをする動作で、肩が本来あるべき位置よりも前に出て姿勢が崩れがちです。今回ご紹介する肩の位置を整えるエクササイズで姿勢改善を目指しましょう!


水分補給のつもりが「逆に、水分を失うことに…」暑い季節、避けるべき飲み物とは?管理栄養士が解説

気温が高くなってくると、熱中症や脱水症状が心配です。こまめに水分補給して予防したいところですが、水分であれば何を飲んでもよいわけではありません。この記事では、水分補給として利用するのを避けるべき飲み物を、管理栄養士が紹介します。水分補給のつもりが反対に水分を失ってしまうものもあるので、この記事を参考にして適切な飲み物を選びましょう。


【本当に体の硬い人にぜひ試してほしい!】真似するだけでOK!あぐらをかきやすくする準備動作

私はヨガを始めた当初、あぐらで座ること自体が苦痛でした。いかにも難しそうなポーズができないなら、あきらめもつくのですが、みんなが普通にできているあぐらができないことにショックを受けました。同じお悩みをお持ちの方に向けて、おすすめの流れを考えてみましたので、ぜひお試しください!


自分がどう生きたいか…に向き合いたどり着いた、やりたいことがどんどん叶う「時間術」とは【経験談】

「もっとやりたいことがあるのに」「やりたいことが終わらない」など、「時間が足りない!」という悩みを持っている方は少なくないのでは?漫画家の川瀬はるさんも、3歳のお子さんの育児をしながらフリーランスとして働く中で、やりたいことをする時間が足りない・時間があっても疲れていて集中できないといった悩みに直面していました。『やりたいことがどんどん叶う! じぶん時間割の作り方 』(はちみつコミックエッセイ)では、吉武麻子さんのタイムコーディネートに出会い、自分にとって心地のよい時間の使い方と向き合っていく過程が描かれています。詳しくお話を伺いました。


「無理に人と合わせない」ADHDグレーである自分を客観的にみつめ、見つけた解決方法【体験談】

「待ち合わせの時間や場所を間違える」「忘れ物などのうっかりミスをしてしまう」「空気が読めない」——子育てや家族に関する漫画を描いているはなゆいさんは、「ADHDあるある」で悩んできました。『ただのぽんこつ母さんだと思っていたらADHDグレーでした。』(はちみつコミックエッセイ)では、心療内科を受診し、自分の特性と向き合い、自分なりに困りごとを克服していくまでの過程が描かれています。後編では、人付き合いに関する悩みとその解決方法や、ご自身の長所について伺いました。


【バッグが重い人、やってみて】たったこれだけで腕の疲れスッキリ!二の腕のダルさ解消ストレッチ

日頃から持ち運ぶバッグが重くて肩こりがひどかったり、腕がダルく感じる…と言う方はいませんか?腕まわりに疲労が溜まってダル重い疲れを感じたり、肘が伸ばしづらかったりすることもあるでしょう。そこで今回は、腕のダルさを解消するストレッチをご紹介します。


医師が提案する「QOD(死の質)を高める」とは?死を意識することで何が変わるのか

後悔のない生き方をするために知っておきたいのが「QOD(クオリティ・オブ・デス=死の質)」という考え方。『どうせ一度きりの人生だから 医師が教える後悔しない人生をおくるコツ』(アスコム)を上梓した、医師の川嶋朗さんは、Q […]


専門家が推奨【早期死亡リスクを減らし、地球を救う食事法!?】「プラネタリーヘルスダイエット」とは

新しい研究によると、持続可能な食事は、環境への負荷だけでなく、早期死亡のリスクも大幅に低下させる可能性があるという。


パンツのウエストに乗る〈脇腹のお肉〉スッキリストレッチ【運動嫌いの40代におすすめ】

年齢とともにつきやすい脇腹の脂肪は多くの人が気になる悩みの一つです。暑い季節で薄着になると目立つため「なんとかしたい!」と思っている方も多いと思います。そこで今回は、誰でも簡単に取り入れられるストレッチをお伝えします。


夏野菜と言えばきゅうり、トマト、なす等が思い浮かぶけど…栄養士が勧めたい「夏こそ食べるべき野菜」

暑い日々が続くと、食欲もなくなりがちです。その中でも夏バテ予防のため、少しでも栄養価が高い食材を食べたいですよね。今回は、体の調子を整える栄養素をもつ野菜の中でも、ぜひ夏にイチオシの野菜をご紹介します。


【疲れを残さない方法】寝る前1分で疲労をリセット!リラックス効果抜群「寝ながらねじりのポーズ」

ぐーっと絞ると気持ちいい「ねじりのポーズ」。体をねじることは、実は体にいいことがたくさんあります。初心者や体の硬い人でもできる、寝ながら行うねじりのポーズをご紹介します。


【きゅうり】ひと手間で長持ち!シャキッとした鮮度を保つ保存法とは?青臭さがなくなる簡単レシピ付

夏野菜の定番、きゅうり。 みずみずしくてシャキシャキとした食感が魅力的ですが、メニューがマンネリ化してしまうことはありませんか? また一度に購入しても食べ切れないということも。今回は、きゅうりを長持ちさせる保存方法と、サラダ以外にも活用できるレシピをご紹介します。


《野菜ソムリエプロが指南》旬の新しょうが、新鮮なものを見極めるために見逃してはいけないポイント

通年出回り、薬味などで重宝されるしょうが。夏から秋にかけて、みずみずしい新しょうがも見かけるようになる。そこで、今、旬を迎えているしょうがについて、野菜ソムリエプロの福島玲子さんから、おいしいものの見極め方と正しい保存の […]


「自分はADHDかも…」生きづらさを抱える私が、心療内科を受診してわかったこと【経験談】

大人になってから自分が発達障がいであることに気づく人は、珍しくなくなってきています。2児の母親であって、子育てや家族との暮らしに関するマンガを描いている、はなゆいさんは、忘れ物や勘違いなどの「うっかりミス」の連続に悩んでいました。あるとき「自分はADHDかもしれない」と心療内科を訪れ、自分の特性と向き合い、付き合い方を学んでいき「トリセツ」を作っていく——『ただのぽんこつ母さんだと思っていたらADHDグレーでした。』(はちみつコミックエッセイ)では、そんな体験談が描かれています。はなゆいさんに、ご自身の特性の捉え方の変化や、心療内科を受診して変わったことなどについて、伺いました。


35分以内の外出ならエアコンはつけっぱなしに!3大家電を徹底的に意識する「夏の節電テク」を節約アドバイザーが伝授

気温が上がることで電気代がかさみがちになる夏。快適さを維持しつつ、効率的に節電をするためにはおさえておくべきポイントがある。節約アドバイザー・ファイナンシャルプランナーの丸山晴美さんに、夏の節電で意識したいことについて詳 […]


仕事を続けてきてよかった。「働きママン」作者が語る、キャリア中断せず“働き続けた”先に見えたこと

働きながら育児をする女性たちのリアルな姿を描いた「働きママン」シリーズ。これまで育休明け・保育園入園・小1の壁・小4の壁など、さまざまな「あるある」ポイントが描かれてきました。今回『働きママンまさかの更年期編 ~ホットフラッシュをやりすごせ!』(はちみつコミックエッセイ)では、更年期症状や、若手育成の悩み、子どもの思春期・巣立ちのことが描かれています。後編では、作者のおぐらなおみさんに、キャリアを中断せずに「働き続けること」や、更年期を乗り越えるために考えてきたことをお伺いしました。


【夏の内臓は冷えている!?】あらゆる不調につながる「冷え内臓」を温める!寝る前リラックスヨガ

暑さが本格的になり、冷たい飲み物や食べ物を摂る機会も増えきたのではないでしょうか。水分補給は積極的にしたいものですが、冷たい飲み物ばかり飲んでいると、内臓に負担がかかってしまいます。夏に取り入れたい、内臓を温めるヨガをご紹介していきます。


「毎日暑すぎる…」深刻な体調不良になる前に!夏バテを予防する簡単2ポーズ【夏バテ度チェック付き】

暑い日が続き、すでに心身ともに疲れを感じている人もいるのではないでしょうか? 今回は、厳しい夏を乗り切るための「夏バテ対策ヨガ」をご紹介します。


対人関係がうまくいかない人に伝えたい。心理師が教える、境界線を守り「健康的な人間関係」を築く方法

自他の境界線とは、自分と他人を区別するために存在する物理的・心理的な境界線のことです。自他の境界線があることで、私たちはそれぞれの感情や欲求、アイデンティティなどを明確に分け、健康的に人との関係を築くことができます。今回は自他の境界線について紹介していきます。


「クーラー冷えで脚がだる重い…」足・脚のむくみをとって1日の疲れをリセット!寝る前5分ほぐし

冷房のかかったオフィスで脚が冷えたり、湿度の高い環境で体が重だるかったり…。不快な脚のむくみや冷えを解消する、5分ヨガをお伝えします。お仕事の後や寝る前などにゆったりした気持ちで行ってみてください。


【片脚ずつバランスを取るだけ】これだけでぽっこりお腹のお肉を落とす「腸腰筋エクササイズ」

腹筋ダイエットを頑張っていてもなかなかへこまない下っ腹。むしろ年を重ねるごとにどんどん脂肪が溜まっていく、とお嘆きの人はいませんか? 腸腰筋にピンポイントで効かせる「片脚バランスエクサ」を紹介いたします。


連続テレビ小説『虎に翼』で描かれる“生理” 話題のシーンを振り返る

ananフェムケア連載「Femcare File」。今回のテーマは、『虎に翼』で描かれる女性特有の不調。連続テレビ小説『虎に翼』で生理に関する描写がたびたび登場し、話題に。作品から不調との向き合い方を考えます。 過去のことを描いているようで、現代を生きる人たちの身に起きていること。 男女ともに“当たり前”に不調を言える社会に。 日本で初めて女性として弁護士、裁判官、裁判所長のそれぞれを務めた三淵嘉子をモデルにしたヒロイン・寅子(ともこ)の成長を描く連続テレビ小説『虎に翼』。作品中で、女性特有の不調についての描写がたびたび登場し、話題を集めている。朝ドラでは画期的ともいえる生理に関する悩みや葛藤を取り上げた理由を、プロデューサーの石澤かおるさんに伺った。...


夜遅い時間の食事、空腹じゃなくても朝食は必須…「おならが増える人」の特徴と対策の特徴と対策

夏になると、過酷な環境下で下痢や便秘など胃腸の調子を崩しがちです。なんだか最近おならがよく出る…と気になっている人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、中医学士で漢方薬剤師の大久保愛先生が、腸内環境が悪化しおならが増えてしまう人のための食薬習慣と、NG習慣を教えてくれます! 1日3食決まった時間に食べることで起こる不調とは? 【カラダとメンタル整えます 愛先生の今週食べるとよい食材!】vol. 273 今年も各地暑い日が続き、「災害を超えた状況」と表現されてしまうほどの酷暑となりました。国からは、都道府県に対して熱中症警戒アラートが発令され、日本救急医学会では不要不急の外出を避けるようにと注意喚起が行われ、SNSでのブーイングが話題になりましたよね。このようにニュースに何度も登場する異常な暑さは、私たちの体に影響を与えないわけがありません。...


【ダイソー】便利すぎる美容グッズ! 美容のプロも愛用するおすすめ商品5選

100円ショップのダイソーではメイクやスキンケアアイテムが人気ですが、実は美容グッズも多数そろっています。しかも、どれもこれも欲しくなる魅力的なアイテムばかり。そこで今回は、持っていると便利な美容グッズを厳選してご紹介します。 かさばるパウダーをいつでも持ち歩けるコンパクトケース メイクの仕上げに使うパウダーは、テカリが気になる季節の必須アイテム。できればメ...


ジメジメした季節の髪のうねり対策に!毛根を強くするカロテンたっぷり「彩り人参グラッセ」

こちらでは、全て肉、卵、乳製品、小麦、白砂糖を使わないヴィーガン&グルテンフリー料理を連載しています。美容や健康、環境のことが気になる方に積極的に食べて欲しい「からだと地球に優しいレシピ」を旬の野菜料理でご紹介。筆者は、【VeganGlutenfreeマンツーマンのオンライン専門学校YOKO】を主催する獣医師&栄養学講師であり、自身も3人子育てママ。医学と栄養のプロとして、手軽さと栄養を重視した「ヴィーガン&グルテンフリー簡単レシピ」をご紹介します!