《天皇皇后両陛下ご成婚31年》皇后雅子さま、世紀のパレードでのドレス秘話 森英恵さんが明かしていた仮縫い時のご様子「お会いする度にますますお幸せそうに」

2024年6月9日、ご成婚31年を迎えられた天皇皇后両陛下。ご成婚パレードの際に雅子さまがお召しになっていたのは、2022年8月に他界したファッションデザイナーの森英恵さん(享年96)がデザインしたものだった。雅子さまのドレスや森さんのコメントを振り返る。

【写真】ご成婚パレードの出発前、おふたりが顔を見合わせるシーン。他、雅子さまのローブ・デコルテやオレンジ色のドレス姿などをもっと見る

雅子さまのイメージに合わせた花びらが印象的なウエディングドレス

1993年6月9日、皇居から東宮仮御所までの約4.2kmをオープンカーで移動するご成婚パレードが行われた際、雅子さまがお召しになったローブ・デコルテは、世界で活躍する森英恵さんが手がけたことでも話題になった。

(1993年6月9日)" width="800" height="800" />

ドレスとジャケットを組み合わせたスタイルで、ジャケットの襟は花びらがあしらわれているようなデザイン。雅子さまを「バラのような方」と表現していたという森さんは、雅子さまのイメージにぴったりなデザインのドレスを手がけた。

ふんわりと揺れる花びらは何枚か重なっていて立体的なデザイン。ドレスのゴージャスさが雅子さまの笑顔を引き立てていた。また、ドレスの生地にもバラのような模様が施されており、森さんのドレスへのこだわりが感じられる。

森さんは、当時の心境をこう振り返っている。

《当時の皇太子殿下のご婚儀に際し、雅子さまのローブデコルテをおつくりしたのは光栄なことでした。いずれは皇后陛下になられるお立場の方、私の仕事人生の中でも大きな思い出です。デザイン画を何枚か用意して仮縫いをさせていただきました。出来上がりを気に入って下さり心に残っています》(『文藝春秋』2019年11月号)

また、ドレスを制作した当時、仮縫いのため、アトリエに密かに足を通われた雅子さまのご様子を森さんは以下のように語っている。

《お母さまが運転なさる車に乗られて(こちらへ)お出かけくださいました。雅子さまはお会いする度にますますお幸せそうになられるのが(私としても)とてもうれしく存じました》(『女性セブン』1993年6月24日号)

ご成婚から約26年後の2019年11月、天皇陛下の即位を祝うパレード「祝賀御列の儀」でも襟に花びらの装飾があしらわれたデザインのジャケットをお召しになっていた。ご成婚パレードを彷彿とさせるドレスに、懐かしさを感じた人も多いだろう。

ローブモンタントのオレンジ&光沢感は雅子さまの定番カラーに

1993年6月15日に行われた、結婚を祝う、宮中饗宴の儀で雅子さまがお召しになっていたオレンジ色のローブモンタントも森さんがデザインしたものだ。

ウエストの部分は、大きなリボンを片結びしたようなデザインで、スカートの部分はリボンの紐が垂れているかのように、アシンメトリーなフリルになっている。フレアなスカートでも、腕やウエストが絞られているので、メリハリがあり、雅子さまの上品さが際立つドレスだった。

光沢感のあるオレンジ色は、令和となった現在も雅子さまが選ばれる定番スタイルだ。2019年10月、「海外日系人大会」に出席されたときや同年11月に伊勢神宮の参拝を終えられたあとにも同色のものが選ばれている。

森さんが期待した雅子さまの“和”の表現

結婚前は外交官として国際的に活躍され、外国語が堪能な雅子さまだが、ハーバード大学在学中に「日本文化クラブ」を創立し、日本文化を広める活動をされていた。“和”を大事にされている雅子さまのお気持ちを察したような、森さんのコメントが残っている。

《独自の和と優雅なお振舞いが、各国からの賓客を魅了して、世界から称賛の声があがる皇后陛下雅子さま。日本人として誇らしく思います》(『文藝春秋』2019年11月号、以下《》内同)

雅子さまと同じく、国際的に活躍されてきた森さんも世界に“和”を広げようとしていた。

《“日本人”や“日本らしさ”をテーマに、東洋と西洋の融合を求めて、世界のあちらこちらで永く仕事をしてきた私は、海外でも日本の皇室の存在感をみてきました。両陛下の国際感覚は、これからの日本を世界に表現していく大きな力となるでしょう》

森さんの「日本を世界に表現していく」という言葉の通り、天皇皇后両陛下は、和を意識したおもてなしをされている。昨年の2023年11月17日、キルギスの大統領夫妻を招いた昼食会では手まり寿司などが提供された。このときの和食の提供は外国要人を招いた昼食会では初めてだった。

同年11月28日、ベトナムのボー・バン・トゥオン国家主席夫妻を招かれた昼食会でも、押しずしや日本酒での乾杯が行われ、和のおもてなしをされた。

世界で活躍されてきた森さん、他国との交流を深める雅子さま。お二人の間には、日本文化を海外に伝えるという、同じお気持ちを持たれていたようだ。

赤十字の活動に貢献した人たちを表彰する、年に一度の行事「全国赤十字大会」が2024年5月15日に行われ、皇后雅子さまが出席された。4月から日本赤十字社に嘱託職員として勤務されている長女・愛子さまも会場入りしている。2019年から日本赤十字社の名誉総裁として出席されてきた雅子さまは、今回、ネイビーとホワイトのスーツと帽子をお召しに。これまでも、同大会で選ばれてきた「ネイビー×白」のバイカラーコーデを振り返る。

会場に入られた愛子さまのスーツと同じ「ネイビー×白」のコーデでご出席

東京・渋谷区の明治神宮会館に到着された雅子さまは、他の女性皇族方と共に式典会場に入られた。雅子さまの公務に、愛子さまが職員として携わられるのは今回が初めて。入社式の装いと同じく、ネイビーのスーツに白いシャツという装いだった。

雅子さまも、ネイビーとホワイトの組み合わせで出席された。白いスーツは、襟の首の後ろ部分と袖口がネイビーカラーになっている。白い帽子にもネイビーのリボンが巻かれているデザインで、見事なバイカラーコーデだった。

平成最後の全国赤十字大会では白いインナーで顔色をトーンアップ

2018年、平成最後の全国赤十字大会では、上皇后美智子さま(当時は皇后)が新たな名誉総裁になられる雅子さまを紹介するかのように、腕に手を添えられた。雅子さまはこの年も、ネイビーとホワイトという組み合わせ。帽子とスーツがネイビーカラーでインナーは白というコーディネートだった。顔まわりに白があるとレフ板効果で、顔周りを明るく照らすので顔色がトーンアップする。

令和初の単独公務はネイビーの縦ラインで細見え

2019年の全国赤十字大会は、雅子さまにとって、令和になってから初めてとなる、単独でのご公務だった。このとき、お召しになっていたのは、白いスーツと帽子。スーツには、襟の縁、前立て部分、そしてポケットの部分にネイビーカラーのパイピングが施されている。白は膨張色だが、ジャケットのパイピングが縦ラインを強調しているので華奢見え効果がある。帽子にもネイビーの太めのリボンがついているデザインで、見事なバイカラーコーデを披露していた。

3年ぶりの大会ではネイビーをシースルーにして爽やかな雰囲気に

新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの開催となった2022年の全国赤十字大会では、2019年と同じように白いスーツだったが、ネイビーの取り入れ方が違った。スーツの襟の首の後ろ部分と袖口、ポケット、そして帽子のリボンも、ネイビーがシースルーになっているので、涼しげなデザインに。また、お召しになっていたヒールも白とネイビーのバイカラーなので、白が多めで全体的に爽やかな雰囲気だった。

ネイビーと白のバイカラーコーデは、雅子さまがよく選ばれる定番スタイルであもる。落ち着いた色の組み合わせでありながら、華やかな印象にも見せられる。名誉総裁として出席される全国赤十字大会に最適なコーデと言えそうだ。

2024年5月2日、天皇皇后両陛下と長女・愛子さまは、ご静養のため、栃木県塩谷郡高根沢町にある御料牧場をご訪問。雅子さまはパールではないアクセサリーを身につけられ、ほんのりリラックス感のあるモノトーンコーデでお出ましに。

モノトーンコーデに合わせたバッグは17年前の旅行時にも

雅子さまは白地に黒の模様がはいったジャケットに、黒のパンツ、黒のパンプス、インナーは白のクルーネックTシャツを合わせられ少しカジュアルダウンしたコーディネートでお出ましに。

今回のご静養に選んだ手持ちのバッグは、2007年3月のご一家での長野旅行の際にもお持ちだった。ということは、少なくとも17年間大切に使われてきたことがわかる。

2007年のときも白のコートに黒のパンツを合わせたモノトーンコーデ。リラックスムードを漂わせつつも、ゴールドの金具がついた黒の革バッグできれいめにまとめられている。

ロングカーディガンも雅子さまのお気に入りのデザイン

牧場内を散策された際は、雅子さまはジャケットからロングカーディガンに着替えられ、白のブラウスにスカーフをプラスした爽やかなコーディネートに。

ご静養先で着られていたロングカーディガン。これまでも雅子さまはロングカーディガンをお召しになることが多く、今回のカーディガンのような襟なし、ボタンなしのシンプルなデザインのカーディガンを過去にもよくお召しになっていた。

2015年のお誕生日の公開写真では、白のツインニット風のロングカーディガンをお召しに。今回のご静養でお召しのものに形が似ている。

雅子さまは、ご静養では、ご公務と違い、リラックス感のあるコーディネートや遊び心のあるアクセサリーなどをお召しになることも多い。次は夏のご静養があるかもしれない。普段なかなか見られないリラックスしたコーディネートに注目したい。

約4年ぶりのご静養で「ごっつんこ」のハプニング

ご一家は昨年4月にも、御料牧場に滞在されており、今回、同牧場での春のご静養は2年連続だった。昨年はコロナ禍を経て約4年ぶりのご静養で、 天皇陛下は、「久しぶりに3人で来ることができて、とてもうれしく思っております。」と報道陣に向かって答えられた。

また、散策中に天皇陛下が指された桜を見ようと、雅子さまが顔を寄せられた際に、陛下と頭がぶつかるハプニングがあった。このとき、雅子さまが「ごっつんこ」とおっしゃり、愛子さまと共に笑顔を見せられた場面もあった。

動物好きの愛子さま 愛馬のお墓参りや子牛の命名も

昨年のご静養で、御料牧場内で過ごされた天皇ご一家の写真が公開されている。自転車で牧場内を移動されていたり、鶏舎で卵を採られたり、タケノコ、トマトやイチゴの収穫を楽しむ姿などが公開された。

御料牧場内に滞在中、牛や馬と触れ合われた天皇ご一家は、生まれたての子牛のもとを尋ねられた。子牛が生まれる直前に虹が出たことから、愛子さまが子牛を「レインボー」と名付けられたという。ご一家が「レインボー」にミルクも与えられた写真も公開されている。

御料牧場には、幼い頃から愛子さまが親しまれた愛馬「豊歓」のお墓もあり、滞在中に花とにんじんを供えられたという。

新型コロナウイルスの感染状況が落ち着き、2年連続で御料牧場をご静養先に選ばれたのは動物がお好きな天皇ご一家のお気に入りの場所だからなのかもしれない。

愛子さまの思い出の地、須崎御用邸 上皇ご夫妻と秋篠宮ご夫妻と貴重な3家族ショットも

ご静養先として滞在される葉山御用邸や須崎御用邸は海が近く、春や夏など温かい季節に滞在されてきた。

須崎御用邸は2002年8月に上皇上皇后両陛下(当時は天皇皇后両陛下)と秋篠宮ご夫妻、その長女・眞子さん、次女・佳子さまとともに静養された場所でもある。三家族で三井浜を散策されるご様子は、 貴重なショットとなった。

天皇ご一家は皇太子時代の2010年から2019年まで、8年連続で須崎御用邸に滞在されている。須崎御用邸は、2022年3月に愛子さまがご成年を迎えられた際の記者会見でも思い出の地としてあげられた。

「両親との思い出といいますと、やはり私の学校の長期休みに出掛けた旅行のことが真っ先に思い浮かびます。どの旅行も非常に思い出深いものでございますけれども、静岡県の下田市にある須崎御用邸に行き、海で泳いでいる時に、綺麗なお魚の群れを発見して皆で観賞しましたり、また、須崎はほとんど波のない穏やかな海でございますけれども、サーフボードを浮かべて、そこに3人で座る挑戦をして、見事全員で落下した思い出など、お話しし始めると日が暮れてしまうかもしれません」

今年の夏のご静養でも、ご家族揃って素敵な時間を過ごされたことだろう。

皇后雅子さまのこれまでの春のご静養ファッションを振り返ります。

マルチカラーのニットベストで顔周りは明るく可憐な雰囲気に

1998年3月、葉山御用邸(神奈川県)の近くを散策される天皇陛下(当時は皇太子)と雅子さま。

雅子さまは、白のシャツに、裾のデザインが特徴的なニットベストをお召しでした。ボトムは黒のパンツで、靴もゴールドの金具がついたローファーという、アイテム的にはマニッシュなコーディネートですが、当時の雅子さまのファッションアイコンでもあるカチューシャが女性らしさを添えていました。

バイカラーのセットアップにバイカラーの小物を合わせてスタイリッシュに

1999年6月、ご夫婦で栃木県・日光市をご訪問。東武下今市駅に到着された雅子さまは、おしゃれなセットアップをお召しでした。

襟とカフス部分は白の切り替えになった、明るいグレーのセットアップは、襟が大きく小顔効果も抜群。靴やバッグもネイビーと白のバイカラーでそろえられ、フォーマルな雰囲気の中にもおしゃれなポイントが満載でした。

ロング丈ジャケットのネイビーのセットアップで妊娠中のご静養へ

2001年5月、那須(栃木県)にご静養に向かわれる雅子さまは、濃紺のパンツスーツに丈の長いジャケット姿でした。

このとき、雅子さまは妊娠中。背が高いこともあってかお腹はまったく目立たず、着られているものも特にマタニティウェアではありません。ネイビーのロング丈のジャケットはお腹もすっぽり隠れ、スタイリッシュそのもの。しっかりと安定した太めのヒール靴とバッグは黒でそろえられ、インナーは白を合わせるというベーシックカラーでまとめた装いでした。

ドット柄やバイカラーを取り入れた知的なモノトーンスタイル

2002年5月、生後5か月になったばかりの愛子さまを抱かれて、ご静養先へ向かう雅子さまを東京駅でキャッチ。

細かいドット柄のスタンドカラーの白のジャケットの下には、黒のワンピースをご着用。足元はバイカラーのパンプスで、ショルダーバッグもバイカラーになっていて柄物を取り入れつつの洗練されたモノトーンスタイルでした。イヤリングやブローチはゴールドで上品に華やかさを添えていました。

パンツスーツにブーツを合わせた颯爽としたスタイル

2008年5月、栃木県にある御料牧場へ。JR宇都宮駅に到着された雅子さまと愛子さまは手を繋がれて。

雅子さまは、濃いグレーのパンツスーツというきれいめスタイル。インナーはややピンクがかったハイネックのトップスをお召しになり、女性らしさをプラスされていました。足元はパンプスではなくブーツをセレクトし、スタイリッシュに。ブーツに合わせてバッグも黒でそろえられ、颯爽とした雰囲気でした。

ペールグリーンのジャケット×白で春らしさもさわやかさも満点

2015年5月、御料牧場に向かわれるご一家を宇都宮駅でキャッチ。

ご静養ファッションではパンツ率が高い雅子さま。淡いグリーンのジャケットを羽織られて、インナーには白のトップス、パンツはインナーよりもややクリーム色がかった白をセレクトされ、色味に少し変化をつけた上級テク。パンプスやバッグも白でそろえられ、寒色×白の爽やかコーデでした。

スモーキーカラーのセットアップにシアーなスカーフでエレガントさをプラス

2016年4月、ご一家で、東京・立川市の国営昭和記念公園で桜をめでながらご散策。

雅子さまは、スモーキーな色合いのパンツのセットアップをお召しでした。ジャケットのカフス部分はダブルカフスになっていておしゃれなデザイン。大きめのパールのアクセサリーや、柔らかい素材のフローラルプリントのスカーフをプラスされ、ほんのり甘さと華やかさが香るコーディネートでした。

春色ピンクのジャケットにお気に入りのスカーフで華やかさを底上げ

2018年5月の連休には、宇都宮駅経由で御料牧場へ向かわれました。

雅子さまはややショート丈のピンクのジャケットに、愛用のシャネルのストールを合わせたパンツスタイルでした。ペールトーンのピンクのジャケットに、同じくペールピンクのはいったストールを合わせられ、肌なじみもよく軽やかな印象です。バッグは、ジャケットと同系色を選ばれ、ボトムと靴はダークカラーの黒をチョイス。上は明るく、下は引き締めカラーで、メリハリのあるコーディネートでした。

雅子さまは、やはりパンツルックでした。爽やかなペールブルーのロングジャケットに、シアーなスカーフを首に巻かれ、春らしい色合いのスタイル。これまでのご静養ファッションでもボトムは黒をセレクトされることが多いですが、この日もボトムは黒のパンツに黒のフラットな靴をセレクト。爽やかな中にもメリハリが感じられるコーディネートでした。

2024-06-10T10:09:21Z dg43tfdfdgfd