【老け見え卒業】40代からのもったり背中がスッキリ!どこでもできちゃう肩甲骨はがし

もったり背中の原因

肩甲骨が埋もれてしまって見えないもったりとした背中は、後ろ姿の老け見えの原因の一つです。背中にお肉がついてしまう原因は、

● 代謝が落ち背中に脂肪が付きやすくなる…加齢と共に基礎代謝が落ち、脂肪を燃焼する力が低下します

● 筋肉量が減り、たるみが起きる…こちらも加齢と共に筋肉量が減り、脂肪を支える力が衰えることで背中がたるみます

● 姿勢不良からの血流の滞り…座りっぱなしなどで姿勢不良になると血流が悪くなり筋肉にコリが起こります。また、肩甲骨が上手く動かせなくなり埋もれてしまいます

などが挙げられます。

若見え背中を目指すには

もったり背中を解消して若見え背中を目指すには、肩甲骨を動かすことが大切です。埋もれてしまった肩甲骨を左右上下に動かし、こりを解消します。血流も上がり代謝も上がるので、脂肪を燃焼しやすくなります。少しずつ筋肉を鍛えられるので、たるみの解消にもなります。

運動習慣のない方はきつくて難しい運動を続けるのは難しいですよね。これまで運動やエクササイズがあまり続けられなかったという方は簡単で効率良く、場所を選ばずどこでもできる運動がおすすめです。

今回お伝えするエクササイズは座っていても立っていても、腕を前に伸ばせる広さがあればどこでもできます。デスクワーク中やトイレの中でもできるのでスキマ時間にサクッと続けてみてくださいね。

背中若見え肩甲骨はがし

<やり方>

1)床でも椅子でも立ったままでも良いので身体を安定させる

2)指同士を胸の前で組む

3)息を吸いながら背中を伸ばし、息を吐きながら腕を前に伸ばして背中を丸める。頭をゆっくり揺らして首や肩の力を抜く

4)息を吸いながら肘を後ろに引いて肩甲骨を寄せ、胸を開く

5)息を吐きながら肩甲骨を上げながら開く、息を吸いながら肩甲骨を下げながら寄せるの動きを深呼吸のタイミングに合わせて5回繰り返す

▼ 詳しい動きを動画で確認したい方は、こちらからどうぞ ▼

mai

『ヨガ×好きなこと=笑って過ごす』をモットーに、誰かの好きなことに目を向けて、ヨガに触れる機会を広めています。ヨガとの出会いは介護福祉士として働き、家事も子育ても手を抜く事が出来ず体調を崩した時期。ヨガを続けることによって心身が安定することを体感し、生きづらさを感じているかたへヨガの魅力を伝えたいという思いで、インストラクターの道へ。ココロとカラダをゆるりとほどく柔らかいヨガで、日常を心地良くするお手伝いをしています。LAUGHTER主宰ヨガライフスタイリスト/RYT500/ナチュラルビューティスタイリスト

2024-06-08T11:00:17Z dg43tfdfdgfd