”奇跡のアラカンボディ”ビューティーボディクリエイターが伝授!ハードなトレーニングなしでも見た目の印象を変える「美しい立ち方と歩き方」

55歳からは筋肉より見た目! “体を美しく整える”という発想で、ハードなトレーニングなしでも見た目印象を変える方法を、“20代から変動なし”の奇跡のアラカンボディの持ち主「ビューティーボディクリエイター」の宮城裕子さん(59歳)に聞いた。映える&効きめがある&気分が上がるおしゃれ・美容・趣味・暮らしの実例やヒントを紹介する、大人女性に向けたムックシリーズ『reShine』から注目記事をピックアップしました。

* * *

「後ろ姿」と「姿勢」を整えるだけでも、印象はかなり変わります

私は何歳になっても「美しくあるための身体作り」でいいと思っています。それが結果として最も大切な怪我防止にもつながりますので。私の80歳代のクライアントの姿勢と歩く姿の美しさといったら! 筋肉量や体重の数値だけではなく、輝きたい場所でキレイな自分を出すために身体を整える。それが私の考えるボディメイキングです。

美しくあるための身体作りに欠かせないのは「美しい姿勢」と「後ろ姿」。特に「後ろ姿」を改善すると、かなりの印象変化に。また「美しい姿勢」も意識を習慣化するだけで、どんな人でもいつからでも実践可能です。

宮城さんが考える美しい身体作りの極意

数字より見た目重視。 意識の習慣化や“ながら動作”も取り入れて無理なくタイパよく! 苦手意識がある人こそ必見です。

【1】筋トレできる体力がない…!美しい姿勢と美しい動作を手に入れるだけで5歳は若返ります。

【2】街で鏡に映った自分に愕然!鍛えるべきは“後ろ姿”。ここを鍛えるだけで周りは変化に気づくはず。

【3】ながら運動でタイパしたい!ながら運動でも、効果の出やすい方法でお得にボディメイク。

これさえ押さえておけば安心!【簡単】効率重視の美ボディトレーニング

では、簡単にできる効率重視の美ボディトレーニングを紹介します。これさえ押さえておけば安心です! 回数に制限はありませんが、ご自身の健康状態に合わせて無理のない範囲で行ってください。

【1】どんな人でもできる!美しい立ち姿と歩き方で5歳若返る

【立ち方】耳たぶからくるぶしまでが一直線になるようにキープして、足を吸盤のようにして立つ。

横から見て耳たぶ・肩の先端・太ももの外側・くるぶしを結んだラインが一直線になるように立つ。正面から見た時は肩と骨盤のラインが水平になっていれば◎。

最後に、足の人差し指と膝の中央が揃っているかチェックを!

【歩き方】美しい歩き方のコツは、股関節をモーターにするイメージで。

【1】正しく立ち、モーターを巻き上げるように腸腰筋を使い股関節から足を持ち上げる。

【2】回転させるように股関節から前に踏み出す。踵から着地すると後ろ足が自然に持ち上がる。

【3】モーターが回転した反動で後ろ足が上がり次の一歩に。この方法だと膝への負担も軽減。

◆教えてくれたのは:ビューティーボディクリエイター・宮城裕子さん

指導歴36年。沖縄を拠点に東京・京都の3都市で「自然と共にカラダを内側から美しく」をテーマに数多くの女性たちにレッスンを実施中。“20代から変動なし”の奇跡のアラカンボディの持ち主。

撮影/沼尾翔平  構成・文/加治かおる

※『reShine』2024年夏号

2024-07-07T02:11:10Z dg43tfdfdgfd